ランキング登録を申請する

おすすめのHDMIケーブルと選び方

HDMIケーブルの選び方

 

この投稿をInstagramで見る

 

hoe-shik(@hoeshik)がシェアした投稿

HDMIケーブルの選び方には、以下の3つの重要なポイントがあります。

3つのポイント
  1. HDMI端子のタイプ
  2. HDMIケーブルの規格
  3. HEC・ARC規格等の接続機能

特にHDMIケーブルの規格が重要で、Ver1.4以前の古い規格を使ってしまうと、ゲーミングモニターの性能を引き出せません。

ゲーム用途でHDMIケーブルを選ぶ時には、必ずHDMI Ver2.0以降の規格のケーブルを選びましょう。

端子のタイプ

HDMIケーブルにおいては、以下の3種類の端子が主流です。

端子タイプ端子名称用途
HDMI タイプAHDMI端子テレビ・PCモニター用
HDMI タイプCミニHDMI端子デジタルビデオカメラ用
HDMI タイプDマイクロHDMI端子スマートフォン・タブレット用

PCゲームではタイプAの製品が使われますが、スマホのゲーム画面を映したい場合には、タイプDの製品も役立ちます。

HDMI タイプCは、デジタルビデオカメラ専用の端子なので、ゲーム用途ではあまり使われません。

タイプA

HDMI タイプAは、テレビやパソコンのモニターで広く使われる方式で、一般的な形状をしたHDMIケーブルです。

Displayportに比べると通信速度が遅く、古い規格の物だと、ゲーミングPCのリフレッシュレートに追いつかない物もあります。

ゲーミング用途でHDMIケーブルを使う場合は、なるべく新しい規格のケーブルを選ぶようにしましょう。

タイプD

タイプDのケーブルは、タイプAの製品に比べて非常にコンパクトで、Androidスマホやタブレット等に使われている方式です。

スマホのゲーム画面をゲーミングモニターに直接映せるため、スマホゲームを大画面でプレイしたい場合に使われます。

タイプDの製品の中には、スマートフォン非対応の物もあるので、スマホ対応かどうかも確認しておきましょう。

規格

HDMIケーブルの主要な規格に関しては、下記の4つの規格が挙げられます。

HDMI規格帯域幅(転送速度)最高リフレッシュレート(WQHD)最高リフレッシュレート(4K解像度)
Ver1.410.2 (8.16)Gbps60 Hz30 Hz
Ver2.018 (14.4)Gbps120 Hz60 Hz
Ver2.0a18 (14.4)Gbps120 Hz60 Hz(HDR対応)
Ver2.148 (42.6)Gbps180 Hz120 Hz(HDR対応)

DisplayPortケーブルに比べると、全体的に転送速度が遅く、リフレッシュレートが低めです。

特にVer1.4では、4K解像度のリフレッシュレートが30Hzと低いので、ゲーム用途では性能不足です。

ゲーミングディスプレイに接続する場合は、Ver2.0以上のHDMI規格を選びましょう。

Ver2.0

hdmi Ver2.0は、2013年に開発された規格で、4K60P動画に対応しているのが特徴です。

Ver1.4以前の製品は、4K30P動画にしか対応していないので、ゲーミングモニターに繋げるとボトルネックが生じます。

ゲーム用途でHDMIケーブルを使う場合は、必ずVer2.0以降の製品を選ぶようにしましょう。

Ver2.0a

hdmi Ver2.0aは、転送速度は14.4GbpsとVer2.0と変わらないものの、HDR機能に対応していることが特徴です。

21:9のアスペクト比にも対応していますが、転送速度が不十分なので、ウルトラワイドモニターに接続すると更新頻度が落ちてしまいます。

HDMI Ver2.1に比べると、お手頃な価格で購入できるので、通信速度よりも価格を重視する人におすすめの規格です。

Ver2.1

HDMIケーブルの最新規格であるVer2.1は、他のHDMI規格と異なり、8K動画にも対応しています。

実転送速度も42.6Gbpsと、DisplayPortよりも高速なため、通信速度を重視する人におすすめです。

価格は高めで、中華製でないVer2.1対応ケーブルは3,000円以上するので、予算を抑えたい人はDisplayPortケーブルを選びましょう。

ケーブルの長さはなるべく短い物を選ぶ

HDMIケーブルでは、DisplayPortケーブルと異なり、明確な長さの上限が決められていません。

しかし、DisplayPortケーブルと同様に信号損失が大きく、10m以上のケーブルでは映像を出力できません。

DisplayPortケーブルを選ぶ場合と同様に、長さの短いケーブルを選ぶようにしましょう。

機能で選ぶ

HDMIケーブルであると便利な機能については、以下の3つが挙げられます。

規格名機能の特徴
HECHDMIケーブルにLANケーブルの機能を持たせる
ARC光ケーブルを使わずにテレビの音声データをアンプに転送する
CECAVアンプやレコーダーとの連携操作を行えるようになる

ARCやCECに関しては、ゲーミングモニターを接続する時にはあまり使わないので、HEC機能が重要です。

HEC機能があれば、LANケーブルが1本省略できることから、モニター周りの取り回しを良くできます。

HEC

HECはHDMI Ethernet Channelの略で、HEC対応のHDMIケーブルには、Ethernet機能が搭載されています。

Ethernetは、LANケーブルに使われる規格であり、ネットワークに接続するために必要な物です。

VODの視聴を行うにはインターネットが必要なので、動画配信サービスを使っている人は、HEC対応の物を選びましょう。

ARC

ARCとは、音声データを双方向に伝送する機能であり、アンプを使う場合に重要な機能です。

PCモニターの接続にアンプを使うことは少ないので、PCゲームを行う人にはあまり重要な機能ではありません。

しかし、テレビゲームではアンプを使うこともあるので、サウンドバーを使う人はARCに対応しているか確認しましょう。

CEC

CECはConsumer Electronics Controlの略であり、AVアンプやレコーダー等の家電と連携操作を行う機能です。

他の機能と異なり、無くて不便に感じる機能ではないので、そこまで重要性が高くありません。

ゲーム用途でHDMIケーブルを使うだけであれば、CEC機能に関しては考慮しなくても良いでしょう。

おすすめのHDMIケーブル5選

転送速度が速いHDMIケーブルに関しては、下記の5つの製品があります。

DisplayPortケーブルのおすすめ製品
  1. ホーリック HDM15-891GD
  2. エレコム DH-HD14SS10BK
  3. MacLab Micro-HDMI to HDMI 変換 ケーブル 3m
  4. エレコム DH-HDP14EY20BK
  5. ソニー DLC-HX15

製品によって大幅に転送速度が異なるので、なるべく高性能な商品を選びましょう。

エレコム HDMIケーブル 1m ハイスピード DH-HD14SS10BK

商品スペック

端子タイプHDMI TypeA ~ HDMI TypeA
端子規格HDMI Ver2.0
HDR対応×
その他機能HEC
帯域幅10.2Gbps
長さ2.0m

エレコムのハイスピードHDMIケーブルは、国産の製品なのにも関わらず、600円台で買えるので人気が非常に高いです。

3つのポイント
  1. 国産のHDMIケーブルであるにも関わらず700円程度で買える
  2. Nintendo Switch等の携帯ゲーム機の接続にも対応している

値段が安くコスパが良い上に携帯ゲーム機にも対応している

国産のケーブルであるにも関わらず、700円程度の安い値段で購入できて、コスパに優れています。

Nintendo Switchにも対応しているので、テレビゲームを行う人におすすめです。

ただし、4K60Pに対応していないという口コミも見受けられたので、4Kモニターを使う人は他の製品を選んだ方が良いでしょう。

口コミ評価
Amazon
(4.5)
価格コム
(5.0)
ヨドバシ・ドット・コム
(4.5)
総合評価
(4.5)

エレコム Premium HDMIケーブル 2.0m ブラック DH-HDP14EY20BK

商品スペック

端子タイプHDMI TypeA ~ HDMI TypeA
端子規格 HDMI Ver2.0a
HDR対応
その他機能HEC・ARC
帯域幅18Gbps
長さ2.0m

エレコムのDH-HDP14EY20BKは、規格がHDMI Ver2.0aなので、HDR対応でリフレッシュレートが高いのが魅力的です。

3つのポイント
  1. 規格がHDMI Ver2.0aなのでHDRに対応していて画質が良い
  2. HEC機能を搭載しているためLANケーブルを省ける

規格がHDMI Ver2.0aである上に携帯ゲーム機対応で汎用性が高い

HDMI Ver2.0aと比較的新しく、HDRにも対応しているので、明るくて鮮明な映像を楽しめます。

また、PS4やXboxにも対応しているという口コミがあるので、テレビゲームを行う人におすすめです。

価格に関しても、1,000円台後半とお手頃なので、コスパを重視する人にもおすすめできます。

口コミ評価
Amazon
(4.5)
ヨドバシ・ドット・コム
(4.5)
総合評価
(4.5)

ソニー プレミアムHDMIケーブル 1.5m DLC-HX15

商品スペック

端子タイプHDMI TypeA ~ HDMI TypeA
端子規格HDMI Ver2.0a
HDR対応
その他機能HEC・ARC・3重シールド構造
帯域幅18Gbps
長さ1.5m

ソニーのDLC-HX15は、価格は高いものの高性能なことから、評判の良いHDMIケーブルです。

3つのポイント
  1. 帯域幅が18Gbpsと広くHDR機能にも対応している
  2. ケーブルのシールドがしっかりしていて通信の安定性が高い

通信速度が速くシールド性能が高いため通信の安定性が高い

ケーブルの規格がHDMI Ver2.0aなので、通信速度が18Gbpsと速く、HDR機能にも対応しています。

3重シールド構造でノイズが発生しづらく、接続問題が生じづらいのも魅力的な点です。

価格は3,000円台と高価ですが、総合的な性能が高く評判が良いので、ケーブルの性能を重視する人におすすめです。

口コミ評価
Amazon
(4.5)
価格コム
(4.5)
ヨドバシ・ドット・コム
(4.5)
総合評価
(4.5)

ホーリック HDMIケーブル 1.5m ゴールド HDM15-891GD

商品スペック

端子タイプHDMI TypeA ~ HDMI TypeA
端子規格HDMI Ver2.0
HDR対応×
その他機能HEC・ARC・3D対応
帯域幅10.2Gbps
長さ1.5m

ホーリックのHDM15-891GDは、コスパが非常に良く、デザイン性に優れていることが魅力的な製品です。

2つのポイント
  1. 600円台という非常に安い値段で購入できる
  2. 3m以下のケーブルは4K60P接続にも対応している

価格が安い上に4K60フレームにも対応していてコスパが高い

5m以上の製品は4K60P非対応ですが、3m以下であれば60P対応なので、ゲーム用途にも使えます。

価格は600円台と非常に安いので、AVケーブルを購入する予算が無い人におすすめです。

他のケーブルに比べて、デザイン性に優れているので、ケーブルのデザインにこだわる人にもおすすめできます。

口コミ評価
Amazon
(4.5)
総合評価
(4.5)

MacLab Micro-HDMI to HDMI 変換 ケーブル 3m

商品スペック

端子タイプHDMI TypeD ~ HDMI TypeA
端子規格HDMI Ver1.4
HDR対応×
その他機能
帯域幅10.2Gbps
長さ3.0m

MacLabのMicro-HDMIケーブルは、1,000円未満で購入できるものの、耐久性が低いのが特徴です。

2つのポイント
  1. Micro-HDMI端子を搭載していてタブレットの画面を直接映せる
  2. 価格も1,000円未満と安いのでお手軽に購入できる

手軽に購入できるが壊れやすいので取り扱いに注意が必要

Micro-HDMI端子を搭載しているので、タブレット画面を映すことができ、価格も1,000円未満と安いのが魅力的です。

ただし、スマートフォンには対応していないので、スマホ画面を映したい人には向いていません。

端子が折れやすいといった、悪い口コミが数多く見受けられたので、信頼性を重視する人は他の製品を選びましょう。

口コミ評価
Amazon
(4.0)
総合評価
(4.0)
DisplayPortケーブルとHDMIケーブルの違いは?どっちがおすすめ?DisplayPortケーブルとHDMIケーブルの違いは?どっちがおすすめ?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注意
コメント欄でゲーム実況者情報情報をコメントすると、Amazonギフト券(メールタイプ)がたまに貰えます。必ず正しいメールアドレスで登録をお願い致します。
ランキングメニュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA