ランキング登録を申請する

DisplayPortケーブルとHDMIケーブルの違いは?どっちがおすすめ?

AVケーブルにも、LANケーブルと同様にボトルネックが存在するので、映像ケーブル選びも重要です。

構造が単純ですが色々な機能が詰まっているので、AVケーブルの機能も理解する必要があります。

選び方を詳しく理解することで、ゲーミングモニターの性能と利用目的に合った、AVケーブルを選べるようにしましょう。

DisplayPortケーブルとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@masaa.meがシェアした投稿

DisplayPortケーブルとは、HDMIケーブルに代わる次世代型のケーブルで、8K解像度にも対応していることが特徴です。

転送速度もHDMIケーブルよりも速く、高いリフレッシュレートが出せることから、ゲーム用途に向いています。

HDMI方式と異なり、モニターの電源を切ると通信が切断されるので、ゲームプレイ中はディスプレイの電源を付けたままにしましょう。

DisplayPortケーブルとHDMIケーブルの違い

 

この投稿をInstagramで見る

 

The PC Shop Limited(@pcshopjamaica)がシェアした投稿

DisplayPortとHDMIの性能の違いをまとめました。

規格名転送速度最高リフレッシュレート(4K解像度)PC接続
DisplayPort Ver1.425.92 Gbps120 ~ 144 Hz(HDR対応)スリープ時接続切断
HDMI Ver2.0a14.4 Gbps60 Hz(HDR対応)スリープ時接続継続

DisplayPortケーブルの方が、リフレッシュレートが高く、高性能ゲーミングモニターにも使いやすいです。

ただし、スリープモードになると通信が切断されるだけでなく、デスクトップのアイコンが動くことがあります。

DisplayPortの接続を行っている時は、モニターの電源を切らないようにしましょう。

HDRとは
HDR(ハイダイナミックレンジ)とは暗い映像でも明るく表示可能な技術です。暗い部屋でFPSゲームをするときにおすすめです。

DisplayPortケーブルの選び方

 

この投稿をInstagramで見る

 

JIComputer Arica 🖥️(@jicomputercl)がシェアした投稿

DisplayPortケーブル選びで重要なポイントに関しては、以下の3つが挙げられます。

3つのポイント
  1. 端子の種類
  2. DisplayPortの規格
  3. 著作権保護技術(HDCP・DPCP)

DisplayPortの規格が古いと、ボトルネックが生じる可能性があるので、予算に余裕がある人は新しい規格を選びましょう。

ミニDisplayPortはノートPC専用で、ゲーミング用途にあまり向かないため、ゲームを行う人はDisplayPort端子を選んだ方が良いでしょう。

端子の種類

DisplayPortには以下の2種類の端子があり、端子の種類によって、使われる用途が異なります。

端子名称用途
DisplayPortテレビ・PCモニター用
ミニDisplayPortノートPC用

ミニDisplayPortは、ノートPC向けの製品なので、ゲーミング用途にはあまり向きません。

ノートパソコンを使って、マルチモニターで動画編集を行いたい人以外は、DisplayPort端子を選んだ方が良いでしょう。

DisplayPort

DisplayPortはHDMI端子と異なり、左右非対称な形状をしていることが特徴です。

HDMI端子に比べて高性能なことから、グラフィックボードによく使われますが、知名度が低くあまり使われていません。

高い処理能力が求められるPCゲーム用途で使う場合は、使用率の高いHDMI端子ではなく、DisplayPort端子を選ぶようにしましょう。

ミニDisplayPort

ミニDisplayPortは、普通のDisplayPortよりもサイズが小さいことから、薄型のノートPCでよく使われる方式です。

ノートパソコンは、放熱性能とスペースの問題であまりGPUを積めないことから、ゲーム用途には向きません。

しかし、マルチモニターを使う事で作業を効率化できることから、動画編集を行っている人にはおすすめの端子です。

規格

DisplayPortの規格には以下の3つがあり、それぞれの規格の性能に関しては、次の表のように表されます。

DisplayPort規格転送速度最高リフレッシュレート(WQHD)最高リフレッシュレート(4K解像度)
Ver1.217.28 Gbps165 Hz75 Hz
Ver1.425.92 Gbps180 Hz120 ~ 144 Hz(HDR対応)
Ver2.038.69 ~ 77.37Gbps180 Hz144 Hz(HDR対応)

Ver2.0が最も高性能ですが、オーバースペックな上に価格も高いので、Ver1.2やVer1.4が主流です。

どちらの規格も十分な処理速度を持っていますが、Ver1.2はHDR非対応なので、HDR機能を使いたい人はVer1.4を選びましょう。

Ver1.2

DisplayPortのVer1.2は、2009年に開発されたバージョンですが、ゲーム用途でも十分な性能を持ちます。

Ver1.2の規格を持ったケーブルは、Ver1.4のケーブルよりも安い値段で買えるので、予算を抑えたい人におすすめです。

ただし、10年前の製品ということもありHDR非対応なので、HDR機能を求める人はVer1.4を選びましょう。

Ver1.4

Ver1.4は2016年に開発された規格であり、Ver1.2の1.5倍の転送速度を持ち、HDR規格にも対応しているのが特徴です。

価格は3,000円程度しますが、ボトルネックが発生しないため、予算に余裕がある人はVer1.4の製品を購入しましょう。

DisplayPortのVer1.2と異なり、8K動画にも対応しているので、大型のゲーミングモニターを使う人にもおすすめです。

ケーブルの長さは5m以下の物を選ぶ

DisplayPortは光ファイバーを使っていないので、信号損失が大きく、ケーブル長さの上限が15mと決まっています。

ケーブルが長いほど、信号が弱まりノイズが生じやすくなることから、画面が暗転する可能性が高くなります。

一般的なDisplayPortケーブル長の上限が4.8mなので、長さが5m以下の製品を選びましょう。

動画配信サービスを見る場合はHDCP・DPCP対応の物を選ぶ

HDCP・DPCPは、映像コンテンツの不正コピーを防ぐ機能で、著作権保護技術と呼ばれることがあります。

動画配信サービスを見る場合は、HDCP・DPCP対応のケーブルでないと、コンテンツ自体を見ることができません。

海外の製品はHDCP・DPCP非対応の製品が多いので、Hulu等のサービスを使う人は、国産のケーブルを選びましょう。

おすすめのDisplayPortケーブル5選

 

この投稿をInstagramで見る

 

@pioneers_of_technologyがシェアした投稿

使い勝手の良いおすすめDisplayPortケーブルは、以下の5つの製品が挙げられます。

DisplayPortケーブルのおすすめ製品
  1. Snowkids Displayport ケーブル 21.6Gbps ハイスピード 28AWG
  2. サンワサプライ KC-DP2K
  3. Cable Matters 8K DisplayPortケーブル 1.8m
  4. エレコム CAC-DP1215BK
  5. サンワサプライ KC-DP1415

製品によって使い勝手が異なるので、自分の用途に合った物を選びましょう。

Snowkids Displayport ケーブル 21.6Gbpsハイスピード 28AWG

商品スペック

端子タイプDisplayPort ~ DisplayPort
端子規格DisplayPort Ver1.2
HDCP・DPCP対応
ラッチ
転送速度21.6Gbps
長さ2.0m

SnowkidsのDisplayportケーブルは、価格の安さから、AmazonのSASケーブル部門で1位を取り続けています。

2つのポイント
  1. 1,200円程度という手頃な価格で購入できる
  2. 高品質な材料を利用しているので通信安定性が高い

価格が安いのにも関わらず通信性能が高いDisplayPortケーブル

SnowkidsのDisplayポートケーブルは、コスパが高い上にデザイン性も良いため、高い人気を誇ります。

1,200円程度という安い値段であるにも関わらず、構造がしっかりしていて耐久性が高いので、断線しにくいです。

また、金メッキコーティングされていて信号損失しづらいので、転送の安定性を重視する人におすすめです。

口コミ評価
Amazon
(4.5)
総合評価
(4.5)

サンワサプライ DisplayPortケーブル KC-DP2K

商品スペック

端子タイプDisplayPort ~ DisplayPort
端子規格DisplayPort Ver1.2
HDCP・DPCP対応
ラッチ
転送速度21.6Gbps
長さ2.0m

サンワサプライのKC-DP2Kは、取り回しが良く使いやすいことから、Amazonで評判の良い製品です。

2つのポイント
  1. HDCP・DPCP対応で著作権侵害の恐れが無い
  2. 国産のDisplayPortケーブルなので信頼性が高い

取り回しが良くHDCP・DPCPに対応しているので使い勝手が良い

KC-DP2Kは他のDPケーブルよりも細く、自由に変形できるので、ケーブルの取り回しに苦労しません。

国産のDisplayPortケーブルにも関わらず、1,300円程度で買えるため、安くて高品質なケーブルを求めている人におすすめです。

HDCP・DPCP対応であり、動画配信サービスも視聴できるので、VODサービスを使っている人にもおすすめできます。

口コミ評価
Amazon
(4.5)
ヨドバシ・ドット・コム
(4.5)
総合評価
(4.5)

Cable Matters 8K DisplayPortケーブル 1.8m

商品スペック

端子タイプDisplayPort ~ Mini DisplayPort
端子規格DisplayPort Ver1.4
HDCP・DPCP対応
ラッチ
転送速度32.4Gbps
長さ1.8m

ニュージーランドの会社である、Cable MattersのMini DisplayPort付の製品は、評判が良く価格も安いのが魅力的な製品です。

2つのポイント
  1. DisplayPort Ver1.4に対応していて転送速度が速い
  2. Mini DisplayPort端子を搭載しているのでスマホの映像を転送できる

転送速度が速くMini DisplayPort端子付なので動画編集におすすめ

DisplayPort Ver1.4に対応しているので、転送速度が速くボトルネックが生じません。

MiniDisplayPort端子であり、ノートパソコンと接続することもできるので、動画編集を行っている人におすすめです。

Amazonでの評判が4.6と高く、信頼性も十分にあるので、壊れにくいケーブルを求めている人にもおすすめできます。

口コミ評価
Amazon
(4.5)
総合評価
(4.5)

エレコム ディスプレイポートケーブル 1.5m CAC-DP1215BK

商品スペック

端子タイプDisplayPort ~ DisplayPort
端子規格DisplayPort Ver1.2
HDCP・DPCP対応
ラッチ
転送速度21.6Gbps
長さ1.5m

CAC-DP1215BKは、ノイズが少なく通信性能が良いケーブルであるものの、硬いので取り回しに工夫する必要があります。

2つのポイント
  1. 3重シールド構造でノイズに強いが取り回しが悪い
  2. 長さのラインナップが豊富で長さが5mの製品も存在する

3重シールド構造でノイズが発生しづらい高性能ケーブル

エレコムのCAC-DP1215BKは、3重シールド構造でノイズが生じづらいので、通信安定性を重視する人におすすめです。

長さのラインナップも豊富にあり、5mの製品も存在するのも魅力的な点です。

しかし、取り回しがしづらいといった口コミが多いので、接続しやすさを重視する人には向いていません。

口コミ評価
ヨドバシ・ドット・コム
(3.5)
総合評価
(4.0)

サンワサプライ DisplayPortケーブル 1.5m KC-DP1415

商品スペック

端子タイプDisplayPort ~ DisplayPort
端子規格DisplayPort Ver1.4(HDR対応)
HDCP・DPCP対応
ラッチ
転送速度32.4 Gbps
長さ1.5m

サンワサプライのKC-DP1415は、性能が高い上に接続不良も存在しないので、Amazonでの評判が非常に良い製品です。

2つのポイント
  1. 規格がDisplayPort Ver1.4であり120Hzの4K表示にも対応している
  2. HDR機能にも対応していて出力画面の画質が良い

転送速度が速くHDRにも対応した高性能DisplayPortケーブル

通信速度が32.4 Gbpsと速く、4K120Pにも対応しているので、高性能ゲーミングモニターの性能を引き出せます。

HDR機能にも対応していて、画質を高められるのも魅力的なポイントです。

価格は3,000円台と他の製品よりも高価なので、高性能なモニターを使っていない人は、他の製品を選んだ方が良いでしょう。

口コミ評価
Amazon
(4.5)
ヨドバシ・ドット・コム
(5.0)
総合評価
(4.5)
おすすめのHDMIケーブルと選び方おすすめのHDMIケーブルと選び方

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注意
コメント欄でゲーム実況者情報情報をコメントすると、Amazonギフト券(メールタイプ)がたまに貰えます。必ず正しいメールアドレスで登録をお願い致します。
ランキングメニュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA