ランキング登録を申請する

おすすめのゲーミングマウスパッドのまとめ

ゲーミングマウスパッドはFPSゲームで正確なエイムを実現するために必要不可欠なアイテムです。

マウスパッド自体の構造は単純なので壊れにくいと考えている人も多いです。

しかし、意外と寿命が短く消耗品です。

本記事では下記の3つの点にフォーカスしています。

この記事を読んでわかること
  1. マウスパッドの種類
  2. おすすめのマウスパッド
  3. マウスパッドを長持ちさせる掃除方法

ゲーミングマウスパッドとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

BLACK WALKER(@black_walker_com)がシェアした投稿

ゲーミングマウスパッドとは、普通のマウスパッドよりもサイズが大きく、引っかかりが少ないマウスパッドです。

抵抗が少なくマウスを動かしやすいので、マウスを素早く正確に動かす必要がある、FPSゲームにおいて非常に重要な製品です。

布製のゲーミングマウスパッドは、すぐに滑りにくくなり何度も買い替える必要が出てくるので、ランニングコストも考慮しておくようにしましょう。

ゲーミングマウスパッドの選び方

 

この投稿をInstagramで見る

 

エレパ 高知営業所(@elpkochi)がシェアした投稿

ゲーミングマウスパッドの選び方に関しては、以下の3つの要素が重要です。

3つの重要な要素

マウスパッドの滑り心地に関しては、実際にゲーミングデバイス専門店に行って触れてみないと分からないので、今回はサイズと素材の選び方だけ紹介します。

マウスパッドのサイズ(おすすめメーカーの各サイズを表でまとめる)

各メーカーのサイズ毎の、マウスパッドの大きさについては、以下の表の通りに表されます。

おすすめメーカー(サイズ名)マウスパッドのサイズ(横 × 縦)
SteelSeries(Sサイズ)250 × 210 mm
SteelSeries(Mサイズ)320 × 270 mm
SteelSeries(Lサイズ)450 × 400 mm
SteelSeries(XLサイズ)900 × 300 mm
SteelSeries(XXLサイズ)900 × 400 mm
Logicool(Mサイズ)340 × 280 mm
Logicool(Lサイズ)460 × 400 mm
Logitech(XLサイズ)800 × 300 mm
Benq(小サイズ)355 × 315 mm
Benq(大サイズ)480 × 400 mm

FPSゲームでよく使われるLサイズの製品に関しては、460 × 400 mm程度となっていますが、メーカー毎に微妙なサイズのばらつきがあります。

SサイズやXLサイズのマウスパッドは、ゲーミングマウスパッドとしての需要が低いので、取り扱っているメーカーが少ないです。

マウスパッドの素材で選ぶ

ゲーミングマウスパッドで使われる素材に関しては、以下の5種類があります。

マウスパッドの素材の種類
  1. 布製
  2. プラスチック製
  3. ガラスコーティング
  4. 金属製
  5. ガラス製

5つの素材の中では、布製のマウスパッドが一番バランスの良い性能を持つことから、ラバー製マウスパッドの人気が高いです。

金属製やガラス製のマウスパッドでは、マウス操作に悪影響を及ぼすため、主に布製や樹脂製の素材の特徴について説明していきます。

布製

布製のマウスパッドは、滑りやすいだけでなく止めやすく、エイムを行いやすいので人気のあるマウスパッドです。

製品のラインナップが豊富にあり、機能性だけでなくデザイン性も優れたマウスパッドがあります。

ただし、他のマウスパッドと異なりほこり等のゴミが付きやすく、汚れが目立ちやすいのが欠点です。

マウスパッドの汚れが気になる人は、水洗いできるマウスパッドを選ぶようにしましょう。

プラスチック製

布製のマウスパッドに比べて滑りやすく、引っかかりが生じづらいことから、マウスを素早く動かしたい人におすすめです。

汚れも付きにくく洗いやすいので、マウスパッドのお手入れの手間を減らしたい人にもおすすめできます。

布製のマウスパッドに比べて耐久性が高く、長期間使っても滑り方が変わりにくいのも魅力的な点です。

ガラスコーティング

ガラスコーティングのマウスパッドは、布の上にガラスの粒を散りばめることで、滑りを良くした製品です。

布製のマウスパッドと同様に手入れが必要ですが、耐久性が高くコアゲーマーの方でも長期間使えます。

商品のラインナップがARTISANの紫電改しかなく、価格も高いので手軽に購入できないのが難点です。

マウスパッドのおすすめメーカー

 

この投稿をInstagramで見る

 

kai(@dolphin.kain)がシェアした投稿

マウスパッドのおすすめメーカーについては、下記の3つの企業が挙げられます。

3つのおすすめメーカー
  1. Steelseries(スティールシリーズ)
  2. Logicool(ロジクール)
  3. BenQ(ベンキュー)

ゲーミングマウスパッドは他の製品に比べて消耗しやすく、頻繁に買い替える必要があるため、価格の安いSteelseriesの製品が一番人気があります。

① SteelSeries(スティールシリーズ)

SteelSeriesのマウスパッドは、他のメーカーの製品よりも価格が安い上に、商品のラインナップも豊富にあることから人気のあるメーカーです。

ほど良い滑り心地で、ストレスなくマウス操作を行えるので、ゲーム初心者の方におすすめです。

様々なサイズの製品が存在し、普通のマウスパッドと変わらないSサイズの物もあるので、日常使いで利用したい人にもおすすめできます。

SteelSeries QcK miniレビュー※クラシック・ハード・ヘビーの特徴SteelSeries QcK miniレビュー※クラシック・ハード・ヘビーの特徴

② Logicool(ロジクール)

Logicoolのマウスパッドに関しても、SteelSeriesと同様に手頃な価格で買えることから、人気のあるメーカーです。

マウスパッドの表面が滑りやすい素材でできていて、マウスを素早く動かせますが、裏面も滑りやすいのが欠点です。

他のメーカーのマウスパッドと異なり、適切なゲーム用途が定められているので、自分が行っているゲームに合った製品を選びましょう。

Logicool Gシリーズの特徴

logicool Gシリーズのゲーミングマウスパッドでは、以下の3つの特徴があります。

3つの特徴
  1. 価格と操作性のバランスが取れている
  2. ロジクールのゲーミングマウスに特化させて対応している
  3. 他のメーカーの製品と異なり最適な用途が限られている

ロジクールは大手ゲーミング機器メーカーですが、マウスパッドの汎用性はそこまで高くなく、パッドの種類によって最適な用途が異なります。

ロジクール製マウスパッドを購入する際は、必ず適切な用途を調べてから購入するようにしましょう。

Logicool Gシリーズの種類

Logicool Gシリーズのマウスパッドに関しては、以下の3種類の製品が有名です。

ロジクールの代表的なマウスパッド
  1. Logicool G240t
  2. Logicool G440t
  3. Logicool G640・G640r

マウスパッドの種類によって、適切なゲームのジャンルが異なるので、自分がよく行うゲームのジャンルに合った物を選びましょう。

Logicool G240t

Logicool G240tは、MMORPG向けに作られた中型のゲーミングマウスパッドです。

マウスパッドの厚みが1mmしかないので、マウスを止めにくく、FPSゲームでエイムを定めづらいのが欠点です。

価格がG440tやG640rよりも安いので、マウスパッドを初めて購入する人に向いています。

Logicool G440t

Logicool G440tは、MMORPGとFPSの両方に対応した、Mサイズ相当のゲーミングパッドです。

他のシリーズの製品と異なり、樹脂でできていてマウスを細かく動かしやすいので、マウス感度が高いハイセンシのFPSプレーヤーにおすすめです。

G240tやG640rよりも水洗いしやすく耐久性も高いので、マウスパッドのメンテナンスが面倒な人にもおすすめできます。

Logicool G640r

Logicool G640rはG240tよりもサイズが大きく、マウスを動かしやすいので、FPS用のゲーミングマウスパッドとして人気があります。

他のメーカーのマウスパッドと異なり、ロジクールのマウスに最適化されているのが特徴です。

フルフラットなので、ローセンシのFPSプレイヤーにも使いやすいですが、端の部分がほつれやすいのが欠点です。

Logicool Gシリーズのサイズの種類

ロジクールのマウスパッドに関しては、MサイズとLサイズの2種類の製品があり、各サイズの大きさと対応製品は以下の表の通りに表されます。

Mサイズ340 × 280 mmLogicool G240t
Logicool G440t
Lサイズ460 × 400 mmLogicool G640
Logicool G640r

激しい手の動きが必要でないMMORPG等のゲームに関しては、Mサイズが最適です。

一方で、マウスを大きく動かすFPSゲームでは、Lサイズのマウスパッドを選んだ方が良いでしょう。

③ BenQ(ベンキュー)

BenQのマウスパッドは価格は高いですが、引っかかりが発生しにくいので、プロゲーマーからの人気が高い製品です。

滑りやすいのにも関わらず、止めやすくエイムを行いやすいことから、操作性を重視するFPSゲーマーにおすすめです。

BenQの製品では、ザラザラしたSRシリーズとツルツルしたTF-Xシリーズがあるので、自分の感触に合う方の製品を選びましょう。

BenQ Zowieシリーズの特徴

BenQのZowieシリーズの製品の特徴に関しては、以下の3つの点が挙げられます。

3つの特徴
  1. フルフラットデザインなので引っかかりが生じない
  2. 他のマウスパッドよりもサイズが大きい
  3. 全体的に価格が高くランニングコストが高い

製品の価格が高く、短い期間で買い替えるとランニングコストが高く付くので、プロゲーマー以外の人は他の製品を選んだ方が良いでしょう。

BenQ Zowieシリーズの種類

BenQのZowieシリーズにおいては、以下の4種類の製品が代表的な製品です。

Zowieシリーズの製品の種類
  1. Zowie G-SR
  2. Zowie P-SR
  3. BenQ Zowie GTF-X
  4. BenQ Zowie PTF-X

どの製品も、他のメーカーのマウスパッドに比べると高価であり、コアゲーマー向けの製品であるのが特徴です。

製品によって、マウスパッドの大きさや操作性が大きく異なってくるので、自分の用途に合った物を選びましょう。

BenQ Zowie G-SR・P-SR

BenQのG-SRはコントロール重視と明記されていますが、プロFPSゲーマーが使うだけあって、非常に滑りやすいのが特徴です。

もちろん、商品の記載通りマウスが止まりやすいので、マウスの操作性が非常に良く人気があります。

デザイン性の高いG-SR-SEシリーズもありますが、2020年10月にAmazonの在庫が切れてしまったので、入手困難な状況です。

サイズの小さいP-SRシリーズよりも、サイズが大きいG-SRの方が使いやすいので、FPSゲーマーはZowie G-SRの方を選びましょう。

BenQ Zowie GTF-X・PTF-X

BenQのGTF-Xシリーズは、スピード重視のマウスパッドなので、BenQのG-SRシリーズよりも更に滑りが良いです。

ただし、マウスを止める性能が低い上に値段も高いため、G-SRシリーズと異なりあまり人気がありません。

マウスパッドの滑りやすさにこだわるゲーマーでなければ、G-SRシリーズの製品を選んだ方が良いでしょう。

BenQ Zowieシリーズのサイズの種類

BenQ Zowieシリーズのマウスパッドの大きさは2種類あり、それぞれの大きさに対応する製品は、以下の表の通りに表されます。

小サイズ355 × 315 mmBenQ Zowie P-SR
BenQ Zowie PTF-X
大サイズ480 × 400 mmBenQ Zowie G-SR
BenQ Zowie GTF-X

大サイズはLサイズくらいの大きさですが、小サイズでもMサイズ以上の大きさがあるので、小さいサイズを買う時は設置スペースに注意しましょう。

FPSゲーム向けゲーミングマウスパッド5選

 

この投稿をInstagramで見る

 

@masaa.meがシェアした投稿

FPS向けのゲーミングマウスパッドについては、以下の5つの商品が人気です。

FPSゲーム向けゲーミングマウスパッド5選
  1. SteelSeries QcK mini
  2. HyperX Fury S Pro Mサイズ
  3. Logicool G640r
  4. BenQ Zowie G-SR
  5. Glorious ゲーム用マウスマット XXXL

製品ごとに、素材の材質やマウスパッドの大きさが大きく異なるので、自分に合った操作感を持つ製品を選ぶようにしましょう。

SteelSeries QcK mini マウスパッド

商品スペック

サイズSサイズ(250 × 210 mm)
素材布製
対応マウス全てのマウス
水洗い
用途普段使い・ゲーミング用途全般
その他機能裏面滑り止め加工

SteelSeriesのQcK miniは、他のマウスパッドよりも圧倒的に値段が安いので、Amazonでベストセラーになっている製品です。

3つのポイント
  1. 1,000円未満で購入できるのでランニングコストを抑えられる
  2. サイズが小さくデザインもシンプルなので普段使いにも使える

価格が安く普段使いでも使いやすいのが魅力的なゲーミングマウスパッド

SteelSeriesのQcK miniは、値段が1,000円未満で非常に安いので、初めてマウスパッドを購入する人におすすめです。

サイズが250 × 210 mmと小さく、普通のマウスパッドと変わらないので、日常的な用途でも使えます。

QcKシリーズには、様々なサイズの製品があり、FPSゲーマーはLサイズに該当するSteelSeries QcK +がおすすめです。

他の種類のマウスパッドと異なり、ロゴ部分が滑りにくい素材でできているので、ロゴの上にマウスを乗せないように気を付けましょう。

口コミ評価
Amazon
(4.5)
ヨドバシ・ドット・コム
(4.5)
総合評価
(4.5)

HyperX Fury S Pro ゲーミングマウスパッド Mサイズ

商品スペック

サイズMサイズ(360 × 300 mm)
素材布製
対応マウス光学マウス
水洗い
用途ゲーミング用途全般
その他機能裏面滑り止め加工・シームレスステッチ

HyperX Fury S Proは価格がお手頃で、操作性が良いことが魅力的なゲーミングマウスパッドです。

2つのポイント
  1. 他のマウスパッドに比べて素材の滑りが良く小さい力で動かせる
  2. 2,000円程度というお手頃な価格で購入できる

滑りやすい上に大きなサイズの製品も存在するのでローセンシでも使いやすい

HyperX Fury S ProはSteelSeries QcK +と同様に滑りやすい上に、ロゴの部分に引っかからないので、ローセンシでも使いやすいです。

また、大きいサイズのゲーミングマウスパッドも存在するので、マウス感度が低いローセンシのFPSプレイヤーにおすすめです。

SteelSeriesの製品よりも少し高いものの、比較的お手頃な値段で買えるので、安くて操作性の良いマウスパッドを求めている人にもおすすめできます。

口コミ評価
Amazon
(4.5)
総合評価
(4.5)

Logicool G ゲーミングマウスパット G640r

商品スペック

サイズLサイズ(460 × 400 mm)
素材布製
対応マウスロジクールGマウス向け
水洗い
用途MOBA・RPG・FPSゲーム向け
その他機能裏面滑り止め加工・シームレスステッチ

ロジクールのG640rは、多くの種類のゲームに対応していて、操作性も良いことから人気のあるマウスパッドです。

2つのポイント
  1. サイズが大きいのでマウスの感度が低くても使える
  2. ロジクールのゲーミングマウスに最適化されている

ロジクールの光学式マウスを使っているFPSゲーマーにおすすめの製品

他のマウスパッドに比べて滑りやすいので、素早くエイム合わせを行いたいFPSプレイヤーにおすすめです。

マウスパッドの厚みも程よくあり、余計な力を入れずにマウスを止められるので、ストレスなくマウス操作を行えます。

ロジクールの光学マウスに特化した設計になっていることから、ロジクールのマウスを使っている人にもおすすめです。

口コミ評価
Amazon
(4.5)
ヨドバシ・ドット・コム
(4.5)
総合評価
(4.5)

BenQ ゲーミングマウスパッド Zowie G-SR

商品スペック

サイズLサイズ(480 × 400 mm)
素材布製
対応マウス全てのマウス
水洗い
用途FPSゲーム向け
その他機能フルフラット(ステッチ無)

BenQのZowie G-SRは、布製のマウスパッドにも関わらず、ステッチが無く引っかかりが生じないのが特徴です。

2つのポイント
  1. 世界的なFPSプロゲーマーも使っていることから信頼性が高い
  2. フルフラットでステッチが無いので引っかかりが生じない

価格は高いがプロゲーマーに人気があるので性能を重視する人におすすめ

BenQのZowie G-SRはコントロール重視と表記されていますが、ロジクールのG640rよりも更に滑りやすい素材で出来ています。

滑りやすいのにも関わらず、マウスを止めやすく操作性が非常に良いので、プロのFPSゲーマーにおすすめです。

デザイン性に優れたG-SR-SEも、Yahooショッピング等でまだ販売されているので、見た目にこだわる人におすすめです。

ただし、操作性が高いぶん価格も他のマウスパッドよりも高価なので、初心者ゲーマーは他のマウスパッドを選んだ方が良いでしょう。

口コミ評価
Amazon
(4.5)
総合評価
(4.5)

Glorious ゲーム用マウスマット XXXL

商品スペック

サイズXXXL(1220 × 610 mm)
素材布製
対応マウス光学マウス
水洗い
用途ゲーミング用途全般
その他機能裏面滑り止め加工・シームレスステッチ

Gloriousのゲーム用マウスマット XXXLは、1220 × 610 mmという規格外のサイズを持つ、超大型のゲーミングマウスパッドです。

2つのポイント
  1. サイズが非常に大きくキーボードマウスパッドの上に乗せられる
  2. Amazonの評価が4.8と驚異的に高い

サイズが大きく机全体をマウスパッドで覆えるのでストレス無く使える

Gloriousのゲーミングマウスパッドは、1220 × 610 mmと非常に大きいので、机全体をマウスパッドで覆うことができます。

マウスパッドの素材が滑りやすく、ストレスなくマウスを動かせるので、超ローセンシプレイヤーにおすすめです。

価格に関しては、1万円近くして非常に高価なので、マウス感度が低くないFPSプレイヤーは他の製品を選びましょう。

口コミ評価
Amazon
(5.0)
総合評価
(5.0)

デザイン性に優れたゲーミングマウスパッド3選

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuduki.numata(@noah_0152nmpg)がシェアした投稿

デザイン性が良いゲーミングマウスパッドに関しては、以下の3つの製品が挙げられます。

デザイン性の高い3つのゲーミングマウスパッド
  1. NEOTSE ゲーミングマウスパッド 大型
  2. HyperX FURY S – Speed Edition Pro Mサイズ
  3. hatsune Miku マウスパッド 大型

ゲーミングマウスパッドには、数多くのデザイン性に優れた製品があり、マウスパッドごとに大きくデザインが異なります。

デザインを重視する場合は、マイナーな商品についても確認することで、自分のお気に入りのマウスパッドを見つけられるようにしましょう。

NEOTSE ゲーミングマウスパッド 大型

商品スペック

サイズXLサイズ(800 × 300 mm)
素材布製
対応マウス光学マウス
水洗い
用途ゲーミング用途全般
その他機能LEDライト・滑り止め加工・超撥水加工・防水機能

NEOTSEのゲーミングマウスパッドは、フルカラーLEDを搭載しているのにも関わらず、お手頃な価格で買えることから人気のある製品です。

2つのポイント
  1. 7色に光る虹色LEDが美しくておしゃれ
  2. LEDが付いているのにも関わらず防水性があり水洗いもできる

7色LEDが非常に美しいので見た目を重視する人におすすめ

NEOTSEのゲーミングマウスパッドは、他のマウスパッドと異なり光らせることができるので、見た目を重視する人におすすめです。

ただし、LEDライトを付けるためには外部電源が必要なので、USBポートを確保しておきましょう。

LEDを搭載しているのにも関わらず、防水機能が付いていて水洗いを行えるのが魅力的です。

価格に関しても、2,000円未満という安い値段で買えるので、予算がない人にもおすすめできます。

口コミ評価
Amazon
(4.5)
総合評価
(4.5)

HyperX FURY S – Speed Edition Pro ゲーミングマウスパッド Mサイズ

商品スペック

サイズLサイズ(450 × 400 mm)
素材布製
対応マウス光学マウス
水洗い
用途ゲーミング用途全般
その他機能裏面滑り止め加工・シームレスステッチ

HyperXのSpeed Edition Proは、デザインがかっこいいだけでなく、操作性にも優れたゲーミングマウスパッドです。

2つのポイント
  1. ゲーミングマウスパッドらしいかっこいいデザイン
  2. デザイン重視のマウスパッドなのにも関わらず使い勝手が良い

ストレスフリーでマウスを動かせるのでFPSゲーマーにもおすすめ

Speed Edition Proは、デザイン性だけでなく機能性も追求しているので、FPSゲームにも使いやすいマウスパッドです。

ZowieのG-SR-SEと異なり、Amazonで購入出来て価格も安いので、安くてかっこいいマウスパッドが欲しい人におすすめです。

多種多様なサイズを取り揃えていて、LサイズやXLサイズのマウスパッドも存在するので、ローセンシのFPSプレイヤーにもおすすめできます。

口コミ評価
Amazon
(4.5)
総合評価
(4.5)

初音ミク hatsune Miku マウスパッド 大型

商品スペック

サイズXLサイズ(750 × 400 mm)
素材布製
対応マウス全てのマウス
水洗い
用途ゲーミング用途全般
その他機能裏面滑り止め加工・撥水加工

清水雪の初音ミクマウスパッドは、デザイン性が良くて、サイズの割に値段が安いのが魅力的な製品です。

2つのポイント
  1. いやらしさのない可愛いキャラクターデザインが魅力的
  2. 撥水加工が施されていて水洗いも行える

可愛らしい初音ミクの絵が描かれているのでアニメ好きの人におすすめ

清水雪のマウスパッドでは、可愛らしい初音ミクの絵が描かれているので、アニメ好きの人におすすめです。

はっ水機能が付いているので、水洗いを行うことができ、マウスパッドのメンテナンスの手間を省けます。

特大サイズの製品なのにも関わらず、3,000円程度というお手頃な価格で購入できるのも、魅力的なポイントです。

口コミ評価
Amazon
(4.0)
総合評価
(4.0)

ゲーミングマウスパッドを長持ちさせる洗い方

 

この投稿をInstagramで見る

 

ⓜⓐⓗⓞ ି(@h_____home___)がシェアした投稿

動画やサイトによって、ゲーミングマウスパッドの洗い方が異なりますが、最も一般的な洗い方は以下の手順で表されます。

ゲーミングマウスパッドを洗う4つの手順
  1. 水道水をしばらく出して洗面所にぬるま湯を溜める
  2. 家庭用洗剤を数滴入れてゲーミングマウスパッドの除菌を行う
  3. 洗剤を入れ終わったら手洗いでマウスパッドの汚れを取る
  4. 最後に水道水ですすいでゲーミングマウスパッドに付いた洗剤を落とす

ゲーミングマウスパッドを洗う時に、パッドの表面同士をこすると表面を傷つけてしまうので、こすり合わせないように気を付けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注意
コメント欄でゲーム実況者情報情報をコメントすると、Amazonギフト券(メールタイプ)がたまに貰えます。必ず正しいメールアドレスで登録をお願い致します。
ランキングメニュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA